専門学校 ITカレッジ沖縄

ITは、すべての仕事につながる世界。
IT・デジタルコンテンツを基礎から学ぶ、沖縄唯一の専門学校

資料請求 電話する

新着情報

160916InternShip

浦添工業高校のインターンシップ生に体験レポートを書いてもらいました
アイカレでは高校生、中学生の職場体験としてインターンシップの受入をやっておりますので
興味がある方はぜひお問合せください


9月14〜16日まで就業体験学習のインターンシップで
僕たちがお世話になった専門学校ITカレッジ沖縄での
体験をレポートにしていきたいと思います。
最後までお読みいただければ幸いです。

インターンシップ一日目
集合時間の9時半の30分前に着いた僕は
何から始まるのだろうと心躍らせて待機していました。

まず午前の2時間を担当してくださったのは溝部先生です。
溝部先生はとても明るく、僕たちに分かりやすいように話してくださいました。
最初はITカレッジと沖縄ビジネス外語学院の説明でした。
改めてITカレッジの学科なども知ることができました。
ITカレッジは卒業生がよく遊びに来るらしいです。
その後は再度、ビジネスマナーについて学びました。
挨拶の大切さや、お辞儀をするときの角度、ビジネス接遇用語など、
将来社会に出てからも大事になることをしっかり教えていただき、
また、それをすぐに先生方に実行する、ということをやりました。
最後に普通の裏紙30枚だけを使って短い時間で、どれだけ高く積んでいけるか、
というペーパータワー作りをしました。

160916InternShip001 160916InternShip002

3時間目は仲里先生が、進路講和と、専門学校の仕事についてを講義していただきました。
その時から僕たちは専門学校の広報のお仕事をせさていただくと知りました。
お昼を食べ、午後からは、学校周りで首里東高校と母校の浦添工業高校に資料の置き換えと、
オープンキャンパスのお知らせを渡しに行きました。

160916InternShip003 160916InternShip004

自分の学校の宣伝をするような気持で向かいました。
かえってきてからは、6階でゲームを制作している学生さんの最新のVRのゲームを体験させてもらいました。
これは本当にすごい技術で、感動しました。

160916InternShip005

インターンシップ2日目
インターシップ2日目は正実先生による体験授業でした。

160916InternShip006

内容は簡単なゲームを作ると言うのが課題でした。
最初、簡単とは言ってもゲームを作るってどうやるんだろうと思っていました。
まず、Unityと言うアプリケーションをダウンロードして
Unityちゃんと言うキャラクターを使うことになりました。
Unityちゃんを設置して壁や床を作成していきました。
慣れてくるとゲームを作っているというよりもゲームをしている感覚で楽しかったです。

160916InternShip007 160916InternShip008

あまり時間がなくて最後まで完成させることは
出来なかったんですけどキャラクターを動かすことは出来ました。
最後、キャラクターが表示されなくて終わってしまったんですけど
時間をかければちゃんとしたゲームが作れると思うと凄いなと思いました。

インターンシップ3日目
最終日の午前中は、パワーポイントを使って、
浦添工業高校を紹介するプレゼンテーションを作りました。
与えられた2時間と20分くらいで作らなければいけなかったので、
焦りと不安がありましたが、ちゃんとつたえたいことをまとめられたと思います。
そして肝心な先生方を視聴者に迎えた発表では、
少し緊張もしましたが大きな声ではっきりと浦添工業の魅力を伝えられたと思います。
たくさん質問もしてもらえて良かったです。
午後からは今書いているwebページ用の記事を入力する作業をやりました。

最後に、今回このインターンシップを受け入れてくださり、
お世話してくださった、ITカレッジのみなさん、溝部先生、仲里先生、正実先生、奥戸先生、ありがとうございました。
本当に貴重な体験ができて、すばらいい3日間でした。
これからも浦添工業の生徒としてよろしくお願いいたします。

▲ Top